お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください。 0120-39-0804

塗装のお仕事ブログ | ブログ

25 Jun 2019

屋外クレーン塗装その1

 初夏の北海道。塗装工事も繁忙を極めております。
今日は 岩見沢市の近くにある発電所の屋外クレーン塗装の様子をご紹介致します。

やはり屋外にある鉄部のものは経年なりに発錆し劣化しています。

クレーン本体のカバーはお客様の要望で降ろして塗装することに。
サンダーで徹底的にケレンします。

せっかく外したのですから内面もケレンして塗装することに。

同時に足場班も入り仮設を組みます。

架台等塗らない部分を養生します。

こちらは大物搬入口のハッチ部分 錆転換材を塗布します。
最近は1種ケレンではない場合 錆止め前に錆転換材(ケレン低減材)を塗布する仕様が増えています。
現場で塗っていてもその効果は実感出来ます。

カバー内・外面にエポニックスAL(通称エポAL)というエポキシ系塗料を塗ります。
「特殊エポキシの耐食性に加え、アルミ顔料との併用により極めて
 すぐれた防食性を発揮する。」(メーカーカタログより)
この材料の優れたところは上塗りを兼用しているところで。
エポAL2回塗りの仕様となっている公共物、インフラ設備は多いです。

この続きはまた次回ご紹介致します。

関連記事:ブログ

21 May 2021